タベマチフォーラム

先週、東京富士大学二上講堂で行われました、タベマチフォーラムへ行って参りました。

食というのは、人生の楽しみの一つ😊🍞🍴
『最後まで美味しく食べる街づくり』
そんな街づくりの為に、ごちゃまぜ でいこう✴️という内容でした。

 

要するに、ごちゃまぜというのは、
地域包括ケアシステムの充実と、地域での垣根を無くそうという内容。

 

地域包括ケアシステムの充実は以前から課題です。
今回特に印象に残った内容が、各種サービスの対象者を、ご高齢者、障がいをお持ちの方、子供、地域の方など限定せずに、共存していくことで、互いへの影響力が高まるという点です。

 

例えば『幸せ力』💠
ダウン症の方に、今幸せかどうかと聞いたところ、
92%が幸せ💠と答えたそうです。
これには私も意外で驚きでした。

では、私達 健常者はどうでしょう? 
おそらく92%以下 というのは創造つきますよね😅


『幸せ』は近くの人に波及するそうです💑
ということは、そんな幸せ力が高い人達が、隔離されてしまう世の中はとっても残念ですよね💦

隔てが無くなり、自然となればなるほど、学ぶこと、得ることは今よりももっと沢山増えそうです。

 

『ごちゃまぜ力』

 

サービスを受ける側も提供する側も、様々な立場の方や職業職種が集うことで、大きな力になる⤴️
そんな実例を、沢山聞くことができました。
すごいです、ごちゃまぜパワー✴️


イベント会場では興味深いブースが出展していました。


・高齢者の視覚を感じることが出来るVR体験
・トロミの入った美味しいお酒
・むせないケーキ
・美容&介護予防ピロピロ
異業種の方々の発想力が実に面白かったです。
人に優しいモノ・コト・サービスは既に存在するのですね。

 

今回『食』や『ごちゃまぜ』をテーマとして、

300人もの様々な職種・業種の方が参加され、学び多い時間を共有出来ました。

主催頂きました、新宿食し支援研究会NEXT様、登壇頂いた先生方、今回フォーラムを教えて頂いた友人、誠にありがとうございました😊🍒💐